パールフルートの物語は、1968年、千葉県八千代市の小さな工房から始まりました。近代フルートのメカニズムは、長い伝統と歴史から生まれたものですが、パールフルートのクラフツマン達は、ただならぬ情熱を注ぎ込み、古典的なつくりを改良し、より使いやすく、優れたメカニズムを持つフルートをつくれないかと考えました。これがパールフルートのものづくりの原点となりました。
日夜、試行錯誤を続けながら、クラフツマンとしての威厳をかけ、1972年、フルートの歴史を変える独創的なメカニズム”一本芯金”を初めて取り入れたフルートが完成したのです。さらに、もう一つの技術革新となる”ピンレス・メカニズム”(ネジ止め機構)の導入にも成功しました。これらの画期的なメカニズムは、必ずしも当初から正しい評価を受けたわけではありませんでしたが、パールフルートを世界のトッププレイヤーがこぞって使うようになり、今では他の多くのフルートメーカーが追随してとり入れてくるほど、高く評価されています。
パールフルートの歴史が技術革新の歴史と称されるゆえんが、ここにあります。フルートづくりとは、サウンドクオリティを守り、フルーティストの求める楽器をつくり続けること。パールフルートの全てのモデルには確かなつくりと技術革新の伝統が息づいています。
そのクラフツマン達は、磨かれ培われた経験を受け継ぎ、パーツのひとつひとつに至るまで徹底してクオリティを維持し、こだわり抜いたフルートをひたすら丹念に仕上げてゆくのです。

一本芯金 One-piece Core-bar (※フルート全モデルに採用)

フルートを使い込むにつれ、Aキィ(Aisレバー)の動きが悪くなったというトラブルをよく耳にしますが、これはB♭キィ(左手中指)を酷使することによって生じるものです。またフルートのメカニズムは、F#キィのとなりにあるメイン・ポストにおいてとりわけ傷みやすいものです。パールの"一本芯金"は上のC#(左手人差し指)からメイン・ポストに至るまで、一本の芯金を通すことによってそのトラブルを解消。その結果、メカニズムの信頼性が高まり、感触もよく、さらには調整、メンテナンスなどがスムーズに行えるようになります。これはまさに、フルートの進化を促した画期的な改良と評価されています。

ピンレス・メカニズム Pinless Construction (※全モデルに採用)

"ピンレス・メカニズム"は19世紀半ばに誕生したベーム式フルートのメカニズムを初めて改良し洗練させた重要な技術革新として知られていますが、実は、このシステムが"一本芯金"と併用されることにより、完璧なメカニズムを完成させることができたのです。ピン打ちを行う伝統的なフルートの構造では、連動するキィ・メカニズムのパーツをつなぐため、キィ・シャフトに穴をあけますが、これがキィ・シャフト自体を弱めてしまう結果となります。しかも、汗の侵入を許してしまい、管を酸化させるなどのトラブルを発生させ、腐食やキィの曲がりを促してしまうのです。パール独自の"ピンレス・メカニズム"では、ブリッジ機構を加えることによってこれらの問題を解決し、メカニズム全体に強度を与えました。そしてフォルセット・スクリュー(芯金止めネジ)をキィ・システムの下からねじ込むことにより、メカニズムへの汗の侵入を防いでいるのです。

パール フルート クラフツマン Craftsman

楽器の品質がクラフツマンの技量で計れるものだとしたら、パールフルートはまさしく最も優れたレベルにあると言えるでしょう。経験豊かなマイスターをはじめ、パールのクラフツマン達は、いくつもの革新的なメカニズムの開発を手掛けてきましたが、それらの卓越した技術は、いまなお世界中のフルートメーカーに多大な影響を与え続けています。また、日本はもとより、ヨーロッパや世界各国の一流フルーティストとのコラボレーションを積極的に行い、つねにより高度なレベルに挑戦してきたことが、パールフルートの進化に繋がっています。クラフツマンとフルーティストは、互いに理想を追求しているからこそ、最高の楽器が生まれるのです。

品質を創造する Quality

パールフルートの製作には、クラフツマンが自ら設計した道具や設備がふんだんに生かされています。そのひとつひとつにパールならではの手法があり、オリジナリティがあるからです。そして、管の素材選びにも、厳しいチェックの目が光ります。ここでは、”熟練の目”による判断に加え、最新のテクノロジーを駆使した科学的な検証も不可欠です。また、製作のプロセスにも日々改良が加えられ、時代とともに進化を遂げています。これらはすべて、パールフルートの価値ともいえる品質を高め、楽器の完成度を確かなものにするため、極めて重要な意味をもっています。品質を創造すること。それはパールにとって、楽器に対する信頼性を守るためにもっとも大切なことなのです。

Inquiry:お問い合わせ

商品全般(修理、パーツ等技術的な
お問い合わせを含む)のお問い合わせ
パール・フルートギャラリー東京 TEL:03-3836-1610 営業時間
10:30AM〜6:30PM(月曜、日祭休日)
パール・フルートギャラリー大阪 TEL:06-6282-0660