藤田真頼の「セピア色のパリ」

フルート > 藤田真頼の「セピア色のパリ」

こんにちは。藤田真頼です。
花の都、パリ。芸術の都、パリ。
フルート文化、音楽の発展にとって、この街は特別な存在。関心の深い方も多いことでしょう。
このコーナーでは僕の留学時代の想い出を、「食」「生活」「文化」「人」等と共にご紹介します。

地図を表示する


使用楽器:パールハンドメイド・オペラ10K
東京音楽大学在学中に民音室内楽コンクール入選。1986年渡仏。ニース国際アカデミーに参加。 パリ10区音楽院、フランス国立リュエイル・マルメゾン音楽院、ロマンヴィル音楽学校の、フルート、室内楽科をそれぞれ1等賞を得て卒業。ブーローニュ音楽院のJ.P.ランパル氏のマスタークラスを受講。1991年、在フランス日本人大使館文化部でコンサート。オーケストラ・デ・フルート・ド・パリ団員。パリ市郊外オニー市音楽教師をつとめ,1994年帰国。在仏8年。 帰国後、リサイタル、室内楽、オーケストラ、新宿コマ劇場、東京宝塚劇場ミュージカル等、多方面で活動。 また、ドキュメンタリー映画の音楽も手がける。これまでに、フルートを益山弘、金昌国、工藤重典、アラン・マリオン、レイモン・ギオー、フィリップ・ピエルロ、ブノワ・フロマンジェ、ジョルジュ・アリロールの各氏に、室内楽をクロード・メゾンヌーヴ、パスカル・ルコール、エマニュエル・ニュネス、オーケストラをジェラール・デヴォスの各氏に師事。日本フルート協会常任理事、昭和音楽大学非常勤講師。

Vol.16「タファネルとゴーベールの遺産Vol.3」
Héritage de P.Taffanel et de Ph.Gaubert Vol.3

この度4年ぶりに四谷区民ホールでリサイタルを開催することになりました。題して『タファネルとゴーベールの遺産Vol.3』。Vol.1が2004年、Vol.2が2008年。偶然ですが、ちょうどオリンピックの年ごとの開催となりました。今回のリサイタルでタファネルとゴーベールのフルート作品はほぼ総て演奏する事になります。3回目になると、プログラムのマニアックさも極まり、あまり演奏される機会のない曲ばかりになりました。中でも《メロディーより『La Forêt』》は1926年に出版されましたが、その後絶版となり、日本、フランスで、沢山の友人等に問い合せましたが、なかなか楽譜を見つける事が出来ませんでした。半ば諦めかけていた時、師であり親友ブノワ・フロマンジェ氏から連絡があり、ラジオ・フランスの資料室まで問い合わせてもらい、原譜を発掘することができました。今回が日本初演になります。その他の曲も希にしか聴かれないのは惜しい珠玉の名曲です。是非ご堪能いただき、今後広く演奏されることを切望します。又、フルーティストとして、これらの曲を吹き続ける事で、伝承の一部を担えればと思っています。

藤田真頼フルートリサイタル 「タファネルとゴーベールの遺産Vol.3」

■日 時:
2012年11月20日(火)7:00開演
■会 場:
四谷区民ホール
■入場料:
全席自由/前売り3000円 当日3500円
■出 演:
Fl.藤田真頼 Sop.里中トヨコ Pf.石橋衣里
■主 催:
アトリエ・ソノーロ  03(3355)4038
fl.mayori@gmail.com
■協 力:
パールフルートギャラリー東京
■後 援:
フランス大使館文化部 日本フルート協会 
日仏楽友協会AFJAM

P.タファネル:「優雅なインドの国々」による幻想曲
Ph.ゴーベール:ロマンス
P.タファネル:初見の為の小品 
Ph.ゴーベール:2つのスケッチ  
P.タファネル:「フランチェスカ・ダ・リミニ」による幻想曲

Ph.ゴーベール:シュー・ロー
P.タファネル:シシリエンヌ-エテュード
Ph.ゴーベール:異教の夜
Ph.ゴーベール:メロディーより La Forêt (Fl.Sop.Pf) 日本初演
Ph.ゴーベール:ソナチネ

ところで、この11月1日から4日までパリでフルートコンヴェンションが開催されていました。
なんと、タイトルが『タファネルの遺産』 l'Héritage de Paul.Taffanel
参加フルーティストはサー・ジェームズ・ゴールウェイ、工藤重典、E.パユー、A.アドリアンを初め超豪華なメンバー。
4日間フルート三昧。お腹いっぱいのコンヴェンションだったようです。中でも工藤重典氏がランパルの使用していた18Kのルイ・ロットを使ってモーツァルトの協奏曲を演奏したのは、圧巻だったという報告がありました。
会場のCRR de Parisは元パリ国立高等音楽院のあった所。サン=ラザール駅から程ない所、マドリッド通りにあります。そこで、フレンチスクール伝統の「タファネルの遺産」と称してのコンヴェンションですからねぇ。世界中からフルーティストが集まり、大変な盛り上がりだと言うことでした。行きたかった・・・。

日本でも一人「タファネルとゴーベールの遺産」を大切に伝承して行こうと思っている人がいますよ〜!
僕はどちらかと言うとゴーベールの方も、もっと取り上げないといけないと思っていますし・・・。
今回のリサイタルで色々と調べ物をしましたが、日本語の文献がないので、英語と仏語の本を、辞書PCと睨めっこしながら曲目解説を書きました。知らなかった興味深い逸話もあり、読み物として当日のプログラムもご期待下さい!
また、今回はソプラノの里中トヨコさんをゲストにお迎えしましたが、本当に素晴らしい!
近代フランス歌曲の詩とメロディーが織り成す、印象派の世界をご堪能ください。
どうぞよろしくお願いいたします!!

Inquiry:お問い合わせ

商品全般(修理、パーツ等技術的な
お問い合わせを含む)のお問い合わせ
パール・フルートギャラリー東京 TEL:03-3836-1610 営業時間
10:30AM〜6:30PM(月曜、日祭休日)
パール・フルートギャラリー大阪 TEL:06-6282-0660